NEW アイテム入荷!

aLaska Pik 入荷しました!

自分の「爪」の感覚でピッキングが可能!

 

 

aLaska Pik<アラスカピック(PAT.)>は、作者がアラスカ在住時の寒い夜に、傷みやすい爪を守り、その日常の手入れを簡略にし、またより高度な技術を身につけたいという向上心から発案されました。

 

材質はソフトなアタックで柔らかいトーンが出せるプラスチック製。

 

使用方法は、指にかぶせ、ピックの先端部分に爪を引っ掛けます。自分の爪は「ピックに引っ掛ける」程度で十分なので、長く伸ばす必要はありません。より自然な装着感を得るために、自分の爪を手入れするのと同様、ピックを加工して下さい

 

商品ページは、こちら 

 

 

 

 

 

 

<加工方法>

 

加工することで、「自分の爪」により近い感覚で使用できるようになります。下記加工方法をご参考の上、ご自分の指(爪)に合うように加工して下さい。

 

1)弦を弾く部分の反対側(図#2:爪を引っ掛ける部分)を爪下の指先のカーブに合うように削ります。これによりホールド性と装着感が向上します。

 

2)ピックが必要以上に固定されていると感じる場合は、プレッシャー バンド(図#3)の一部または全部を取り除きます(切り取る幅で圧力を調節します)。 

 

3)装着した”指にかぶせ、爪を引っ掛ける”状態で、先端の長さを決めた後、削り(切り)ます。奏法に応じて横側を図#1のように削ります。

 

4)最後に、各部分のエッジを滑らかに仕上ます。

 

使用工具:(プラスチック用)やすり、爪切り、必要に応じてニッパーなど 

 

詳しくは、メーカーホームページを参照ください。

 

Cling On PICKUP入荷しました!

貼り付けないコンタクト・ピエゾ・ピックアップ!

 

・マグネット式なのでワンタッチで着脱ができます。

 

・ピックアップ本体に内蔵された磁石とサウンドホール内部に設置した磁石でトップを挟んで設置する新しいタイプのピックアップ 。楽器本体の加工やネジなども不要で粘着ゴムで塗装面を痛める恐れもありません。

 

・ピックアップ本体(楽器トップ面側)には薄いシリコンフィルムが貼られてお  り塗装面をキズ付けません。

 

・粘着ゴムを介さずに設置できるのでトップ板の振動がよりダイレクトにピックアップに伝わります。またピックアップ本体が裏面(サウンドホール側)の磁石に引き寄せられることでトップ板との密着性が増し、これらにより自然でバランスの取れた音とパワフルな音量が得られます。

 

 

*ボリューム調整機能付き

 

商品ページはこちら

 

 

<マグネチックベース設置方法>

 

マグネチックベース(取付け磁石)を付属の粘着ゴムでトップ板裏面(サウンドホール内側)の任意の場所に取り付けます。

 

*マグネチックベースの黒い面(赤いシールが貼っていない面)に粘着ゴムを適量添付してください。

 

*マグネチックベースと粘着ゴムは再使用可能です。

 

*ブレーシングなどによって取り付けできない場所があります。

 

 

*スイートスポットに設置することでより良いサウンドを得ることができます。

 

詳しくは、メーカーホームページをご参照ください。