ナッシュビル在住の個人製作家Paul McGill氏の至極のギター

Paul McGill Guitars Model Turbo Classic
¥698,000
カートに追加
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日

米テネシー州ナッシュビル在住の個人製作家、Paul McGill氏作、2002年製の極上の1本が美品にて入荷。40年以上も活躍しているベテランルシアーで、現在までにチェット・アトキンスやミュリエル・アンダーソン、アールクルーといったアーティストも使用した経緯がございます。リゾネーターギターやスティールギター、そしてナイロンギターと幅広く製作されておりますが日本ではほとんどお目にかかれない現状の中、大変綺麗な状態でUSEDとして入荷となりました。本機、トップxジャーマンスプルース、サイド&バックxココボロ仕様。Turboと言う名でございまして、側板にラミネート材を採用し側・裏板をがっちりと強固なものにすることによって、弦のエネルギーが表板により一層伝わるように設計された仕様となっております。この強固な部分、内部ブレーシング構造も独自の設計により、実際弾いてみるとボリュームが大きく、ベースのレスポンスが強く、豊かでふくよかなサウンドが印象的でございます。ナット幅は47.5mmでナイロン弦ギターとしては比較的細めのネックで、グリップも薄めのシェイプ。スチール弦の感覚に近く、弾きやすいです。フレット及びサドルの高さにも余裕があり、ネックコンディションは良好です。ネックヒール部及びボディエンド部にそれぞれストラップピン装着に伴う補修跡があり、表板左上部には米粒程度の打痕補修跡があります。詳細は画像にてご確認くださいませ。その他ブリッジ下に弦交換の際についたと思われるキズが光の加減により見られますが、その他目立つ打痕やキズはほぼなく美品でございます。極上のPaul McGill作ナイロンストリングスギター、手に出来る機会は極わずかでしょう。是非この機会にお問い合わせくださいませ。オリジナルのセミハードケースつき。

トップ=ジャーマン・スプルース

サイド・バック=ココボロ

ネック=マホガニー

指板=エボニー

バインディング=コア

ブリッジ=ブラジリアン・ローズウッド

スケール=656mm

ナット幅=47.5mm