オリジナルティーあふれるフランソワらしい1本 おすすめでしょ!!

François Baudemont O-val-hole-Model 【JAPAN-SPEC MODEL】
  • 在庫切れ

O-val hole モデル

red cedar top

ziricote back and side

varnish inside body

walnut neck

ebony headplate

indian rosewood binding

ebony bridge and fingerboard

670mm scale

trussrod double action

schaller gold machine head with ebony buttons



フランスにて工房を構えるジプシーギター職人
その彼のギターサウンドは古典的なサウンドと、独特のスタイルを兼ね備えた、オリジナルティーあふれるフランソワらしい1本
今回もようやく入荷となりました。
そのサウンドは前回も同様圧倒的なサウンドで、艶がありコーンを抜けと歯切れを兼ね備えるインテリジェンスマノーチェ・ギターとも言えるでしょう。
こちらのモデルはO-val-holeモデルなるスタンダードスペックにて完成したモデルで、通常、彼が作っているモデルから当店からのリクエストを盛り込んだ1本。まず、目にするポイントはお洒落なヘッド・スペック、見た目愛らしく美しい模様のヘッド、そしてネックの形状をややフラット・プレーンにオーダーを施し、日本人でも握りやすい人気の形状にしてもらいました。
また今回の仕様は日本人あるあると採用したスペック形状となっており竿部分を通常タイプよりやや狭くし、更に弦高セッティングまでも弾きやすくとリクエスト・エキスを加えました。通常ですと海外製機種は棍棒のように幅広肉厚な竿部分も今回は、カヨワイ女性様や力やテンション感が楽にしたいという方々用に考えられた1本なんです。
きっと、弾きやすく固体のサウンドボリュームも大きいので今までより更に楽に演奏できるかと思います。
実際に触ってみるとその魅力も十分伝わる完成度かと思います。
また、塗装は薄塗りのセラック仕上げとなっており大変見た目が良いこともおすすめ!
サウンドは冒頭でも書かせていただきました通り、凄い鳴るギター、よく鳴るが箱抜けが枯れておらず艶ありのサウンド、まさにインテリジェンスマノーチェギターという新しいサウンド感を味わえます。
このギターは使えるギターという言葉がぴったりの本機でございます。
材の品質と製作のこだわりを十分に感じられるこちらのギターはなんと言ってもカッコいい!
もちろんサイド&バックのジリコーテ材も高級材としてもよく知られたことでしょう。
長年、育てがいのある1本かと思います。
【ちょい傷につきまして】
こちらはピッキング演奏時についてしまった微かなピッキング傷です。
仕方がない部分かもしれませんが多少ございますのでこちらの金額にて販売開始いたします。