ピックギターらしい枯れて乾いたサウンド!渋く泥臭いサウンドはブルースにうってつけ!

Gibson L-48 【1955年製】
  • 在庫切れ

GibsonビンテージギターL-48。

 

その枯れたサウンドは今でも根強いファンのいるモデルです。

 

1946年頃にL-50の兄弟機種として誕生したL-48は当初オールマホガニーモデルでしたが、その後いくつかの変更を経て、1955年のこの個体はトップがマホガニー、サイド&バックがメイプルという仕様になっています。

 

スプルーストップに比べると若干やわらかめなサウンドが特徴ですが、それでもアーチトップらしいカラっとしたところは十分に感じられます。

 

フラットピックで弾くのももちろん良いのですが、フィンガーでブルースやラグタイム、カントリーブルースなんかを弾くとかなりハマると思います。

 

全体に傷などは若干ありますが大きなダメージはなく、コンディションは良い方ではないでしょうか。

 

ピックガードは残念ながら欠品しており、ペグは交換されております。

 

テールピースは継いで直した形跡がありますが現状問題なく使用できます。

 

50年代らしい程よい太さのネックグリップは大変握り心地が良く、ネック状態も良いので演奏性良く現在の弦高12F6弦側2.5㎜/1弦側2.0㎜程と弾き易くセットアップされています。

 

GIBSONアーチトップを手にしてみたい方に、ぜひお勧めの1本です。

 

ギグケース付き。