職人高野氏製作の2018年新作D-18スタイル、ハンドクラフトアコースティックギター。チタンロッド搭載特別モデル!

AT Guitars #49 ~Dreadnought Style~

試奏HOLD

¥380,000
カートに追加
  • 在庫切れ

"TOKYOハンドクラフトギターフェス2018"にて、堂々のお披露目となりました、日本を代表するジプシーギター製作家、ATGuitars高野氏によるドレッドノートサイズギター。D-18スタイルにて製作された1点ものでございます。ジプシーギターで有名な高野氏でございますが、久々のドレッドとなりますので貴重でございますね。こちらのギターは、特別にチタンロッドを搭載しておりまして、チタンピックでおなじみの久留米精工さんと高野氏の協力のもと誕生した"TSD"トラスロッドを仕込んであります。特徴は・軽く・高機能・高耐候で楽器の終末まで確かな仕事を約束するという優れものですので、マニアックな世界ですが、とにかく高品質。通常オーダーではチタンロッドは搭載不可という今回のショーモデルにあたっての特別モデルの1本限りでございます。スペックといたしましては、トップ:ホワイトスプルース、サイドバック:アフリカンマホガニー、ネック:アフリカンマホガニー、指板:ブラックウッド、ブリッジ:インディアンローズウッド、25.4インチスケール、ナット幅約43.8㎜、ニトロセルロースラッカー塗装・アンティーク仕上げ、といった仕上がり。ロングサドルや塗装の仕上がりはクラシカルな装いで見た目にも何ともカッコいいですね。サウンドはというと、軽く爪弾いてもしっかりと反応してくれるような印象、しかしながら、どこか懐かしいブルージーなサウンドも残っている、そんな感じを受けました。シンプルながら音にこだわり、細部まで手を抜かないハンドクラフト1点もの。職人高野氏による往年のスタイルD-18タイプアコースティックギター、是非ご試奏くださいませ。