2018 Taipei Gypsy Jazz Festival

2018年3月15日から18日まで台北にて開催された

「2018 Taipei Gypsy Jazz Festival 」に初参加させていただきましたので

その様子をご報告いたします!


 

今回のイベントのアーティスト

 

Tcha Limberger ( 比利時Belgium ) 

Antoine Boyer ( 法國France )

Denis Chang ( 加拿大Canada )

Kumiko Imakyurei ( 日本Japan )

 

~いざ台北へ~

 

今回初となる台北出張。

GuitarShopTANTANからは私スタッフの俊が行ってまいりました。

羽田から約3時間30分。

近くて観光で行ったこともある方沢山いると思います。

ちなみに台北って台湾の首都です。

台湾北部のめちゃめちゃ都会なところでしたよ。

東京をギュッとコンパクトにまとめた印象で、

交通もMRTっていう電車にのれば快適な旅ができます。

タクシーも黄色いの乗れば問題なし。

 

そういえば、到着早々事件です!

 

なんだかわかりませんが、

台北空港到着してすぐ、

大勢の人々がいるにもかかわらず、

空港のおばちゃんが私だけに、

急に耳に、

ピッとしてきました!

何かと思えば、

耳で測る体温計。

チョイ焦りました・・・

そんなこんなで、

無事降り立ち、

早速会場へ!

空港からMRT初挑戦。

 

左のやつ。

 

これが日本でいう切符。

ICつきです。

 

これを改札でピッとすればOK。

 

いざ、会場へ。

ここがVincent Tsai(ヴィンセント)の工作房(第一会場A)→普段はレッスンなども行っているしゃれおつな空間。

 

3/17は一日目は、ここの周辺3会場で行われるワークショップを見学。

 

A・B・C会場は、歩いていける距離で、

Aはここ。

Bはマンションの2階の親子教室とかかれた可愛い空間。

Cは、ヴィンセントの友人がやっているというカフェ。

 

いずれも

日本でいう都内の一等地っぽいおしゃれなところ。

 

会場の様子は写真で見てね。↓

ワークショップを見学させていただき、

日本からも参加者がたくさん。

 

そんなこんなで、

せっかくの台北ですので、

地元飯をガブガブ。

 

怪しいものや定番のものなどいろいろたべましたが

おなかを壊すことはなかったので、一安心(笑)

 

 

 

 

 

夜の部では、

またまたおしゃれな日本でいう横浜の赤レンガ的な空間で、

しかも野外でセッションタイム。

 

ウッドデッキに向かうと、

ジプシーサウンド♪

 

大勢の人発見!

 

なんと、踊っている!

 

フォークダンスのように、

 

しっとりと踊っているではないか!

 

これぞフランスの伝統マヌーシュか!と思わせる様な

ノリの良い台湾の方々。

 

日本人よりも楽しむのがお上手でございますね。

そして、

台北2日目。

場所は、eslite Performance Hallという、

超巨大商業施設のホール。

テナントにはありとあらゆるおしゃれ品がずらり。

 

会場入りまで少々時間ありましたので、ぶらぶら。

 

Lee Guitarというアコースティックブースがありましたので、

ちょっと弾かせてもらいました。

なかなか面白い作りをしていて、台湾らしい装飾や怪しいパーツ。

最後にピックくれました(笑)

 

 

開場時間が近づいて、

お客さんもどどっと来ました!

 

私は会場準備を終え、いざ商い。

今回は小物中心に持っていきました。

特に、メイドインジャパンの64ピック。

海外の反応はいかがかなと思いながら紹介すると、

傾斜角度もたくさんありますが、

どちらかというと皆様自分の好きなカラーを手に取っていたような印象。なんとなく赤が一番売れましたね♪

日本の技術力の高さが伝わったのかはまだわかりませんが、少しは宣伝できたかなと思いました。

会場の中ではリハーサルの真っ最中。

 

特別に入ってます。

 

なんともいい音♪

それもそのはず、完全生音。

元々クラシック用のホールということで、

生音で十分いい音。

 

会場は300程の座席数の為、

非常にクリアな生音で最終座席まで演奏を楽しめます。

左の写真はAT Guitars 高野さん製作のオーバルモデルを弾くデニス。

彼はしきりにATGuitars NO.1!と言っておりました。

世界にもその知名度はどんどん増えてきているでしょう。

 

ちなみに、ATGuitarsの取り扱いは、当ショップのみ。

気になる方はお問い合わせくださいませ。

イベント終了!

おつかれパーティーです。

たらふく食べまして、

おなか一杯でございます。

 

この日の帰り、

黄色いタクシーにのったら、

おじいちゃん運転手で、

車で10分くらいの道のり、

全く道がわからないみたいで

途中から歩きました...(><)

駅の名前も住所も分からず、

大変でございました。

みなさん気を付けましょう。

そんなこんなで3日目。

午後6時くらいのフライトにて帰国ですので、

それまで、ヴィンセントのところで、交流を。

 

左の写真は、AT Guitarsを弾くアントワーヌ。

彼も非常に気に入っており、実際にライブで使用したギターも

実はAT Guitars。そのギターはとある参加者の私物。

気に入ったので借りたというからすごい。

 

左の写真はチャさんがAT Guitarsを弾いているところ。

それをアントワーヌとデニスが聞いております。

チャさんは盲目でもギター・バイオリン・その他民族楽器もなんでも弾けます。

歌声も心にしみる様な哀愁あるカッコいい声なんですよ。

天才としか言いようがないです。

どこへ行ってもこの方が主役となります。

 

帰国の前にみんなでランチへ行きました。

デニスは非常に明るく、いつでも場を盛り上げてくれるチームのまとめ役。

アントワーヌはクールだが非常にまじめで日本にも来たいと言ってくれたので、

これからの活躍が楽しみです。

チャは盲目の天才。日本から来たわれわれの質問にも優しく答えてくれるし、

生活のすべてが音楽に溢れている印象。なんにでも興味を持ち、すぐにマスターしてしまうというまぎれもない天才でした。

~帰国~

 

2泊3日の台北出張も早いもので終了。

なかなか思うように英語を使えず、もどかしいところもありましたが、

仲間も増え、おいしいものも沢山食べられ、いい音楽が聞けて、なんとも充実の日々でした。

GuitarShopTANTANも世界にちょっとだけ知れ渡ったかなと勝手に思っております。

それでは、長い記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェイシェイ♪

 

 

GuitarShopTANTAN

スタッフ俊(しゅん)